しき  シキ  siki

  

【直・(清)】【磯城】【鴫】
それ・偏り・曲りの無いさま。直ぐなさま。添う(沿う)さま。和合。調和。

しきしまのゑに ひとうまれ みそひかにかす めはみそふ』ホ1

 ●<地名> 磯城県。 =あなし(阿無し・穴師)

しきあかた あなしうをかみ をしてそえ すゑてうつしひ かんをちそ』ホ8
ゑしきかいくさ いはわれの かなめによりて みちふさく』ホ29
『おとうかしきて しきたける かたきあかしも みなこはむ』ホ29
『ねつきゆみはり しきひこお ききすにめせと あにはこす』ホ29
おとしきおちて かたちかえ かみのいとうに われおそる』ホ29

全部見る 

 ● 添う鳥。近くの鳥。田の鳥。鴫。

『ほのしつめ とのあけたてに すれあえは したおしきゐと うえかもゐ』ホ21
しきはたのとり とはうしほ なるとのひひき うしほなる』ホ21

 
しく(直ぐ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・添う・調和する・治まる・直る」などの意。

変態:さか(直)」「しか(直)」「すか(直)」「すき(直・杉)」「すく(直)」「そこ(直)すこ(健)
類語:「
あなし(阿無し・穴師)」「あわ(陽陰・和)」「やまと(和)

 
 

【頻・(繁・優)】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・先行する・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま
 ● 陽。荒霊

『むかしわかすむ さこくしろ しきなみよする いせのみや』ホ36

 
しく(優ぐ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。これは陽陰の生成過程で先に上って天となった「陽」の属性を表す。

変態:「さき(咲き・幸)」「しけ(繁・茂)」「さか(栄・幸・祥)

 
 

【敷】
下。下がり。下げ。

『ほのしつめ とのあけたてに すれあえは したおしきゐと うえかもゐ』ホ21

 
しく(垂く・敷く)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる/離す」で、「下がる/下げる・下にある/下に置く」などの意。

変態:「さけ(下げ)」「さく(下)」「しこ(醜)」「そこ(底)

  

09/12/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】