しきなみ  シキナミ  sikinami

  

【(繁和)・頻浪・重波】
荒と和。陽と陰。

『むかしわかすむ さこくしろ しきなみよする いせのみや』ホ36

 
しき(頻・繁)」+「なみ(和/萎)
「しき」は「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れるさま」で、「陽」を表す。
「なみ」は「A: 和し・和らぎ」、また「E: 負の方向(小・少・低・端・後・粗・暗・静)に離れるさま」で、「陰」を表す。

類語:「あわ(陽陰)」「あう(陽陰)」「あめ(陽陰)」「をめ(男女)」「いせ(妹背)」「ちなみ(霊波)

  

11/04/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】