つるき  ツルキ  turuki

  

【剣・(尽霊帰)】
1.回し。還し。送り。回帰。送還。
2.天寿の尽きた霊を帰すもの。

つるきふりにけ えひなくる しこめとりはみ さらにおふ』ホ5
『そさのをか たたゑかねてそ つるきもち ゆくをはやこか おしととめ』ホ7
『ちのりゐものり ひちにつけ ゆはすおふりて つるきもち』ホ7
『とこみきに はやこおめせは そのゆめに とつかのつるき おれみきた』ホ7
『せおりはまふつ やたかかみ あきつくさなき やゑつるきホ8

全部見る 

 ● つるきをみ(剣臣)の略。

『かのとりの かたちはやたみ くひはきみ かかみはたはね つるきかは』ホ24
『かたちはやたみ くひはきみ かかみとつるき まてのはね もののへはあし』ホ30

 ●三種宝の「やゑかきの剣」。

『あめとみは わけつちみやの つるきもち あたねはかかみ もちのほる』ホ30

 ●ハハムラクモの剣

『やまとひめ にしきふくろと つるきもち をみこにいわく』ホ39
つるきのなおも くさなきと あしからやまに せめいたる』ホ39
つるきときおき かろんして いたるかみちに にきてなく』ホ40
『あいちたの おとめかとこに わかおきし いせのつるきの たちわかるやわ』ホ40
『おおたんやわけ かふりみは つるきささけて とみそたり』
ホ40

 
「つるく」の名詞化。
「つるく」は
つる(回る・擦る)」と同義語「うく(往く・送く)」の合成。
ここでは「C: 回る/回す・還る/還す・送る」などの意。

ほつまつたゑ23文でアマテルは「天寿のきたすもの」と説明している。

類語:「ほこ(矛)」「つち(槌)」「たち(太刀)

 
 

【(連き)】
1.連なり。つながり。結び付き。絆。継続。まとまり。家。

『あいちたの おとめかとこに わかおきし いせのつるきの たちわかるやわ』ホ40

2.子孫。血統。

『いのはらの みはたねはらむ ひたちをひ おひぬつるきの たからふるなり』フいはら
『をのはらは みちもつるきも かけさしと もとめさいわう をはらさしかみ』フをはら

 
「つるく(連く)」の名詞化。
「つるく」は「つる(連る)」と同義語「うく(和く・結く)」の合成。
ここでは「A: 合う・添う・結ぶ・連なる・つながる」などの意。

類語:「つつき(続き)」「きつな(絆)つらね(連ね)」「つらなるゑた(連なる枝)」

 
 

【蔓城】<地名>
かつらき(葛城)

『かつてまこ つるきねかつき くにつこそ やたからすまこ かとのぬし』ホ30

 
つる(蔓)」+「き(方・垣・画・城)
「つる」は「かつら(葛・蔓・鬘)」の同義語。

別名:「かつら(葛・蔓・桂)」「かつらき(葛城)」「かたき(葛城)」「かつき(葛城)」「つるき(蔓城)」「こせ(巨勢・居勢・古瀬・御所)」「くす(葛・国栖)」「ひとこと(秀殊)」「たかおはり(高尾張)」「たかおか(高丘)

  

10/01/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】