きふ  キフ  kifu
きゆ  
キユ  kiyu

  

【(和ふ・交ふ・着ゆ)】
A: 合う/合わす。収(治)まる/収(治)める。調う/調える。直る/直す。

変態:「かふ(和ふ・交う)」「きる(着る)」「くふ(食う・構う)」「くる(来る)」「くむ(組む)」「こふ(乞う)
派生語:「きよ(清)」「きよらか(清らか)」「ひきゆ(率ゆ)

 
 

【(切ゆ・限ゆ・際ゆ・起ゆ・曲ゆ)】
B: 離れる/離す。分く。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「かる(刈る)」「きる(切る)」「くる(刳る・狂る)」「ける(蹴る)」「こゆ(蹴ゆ)」「こる(樵る)
派生語:「きわ(際)


  

【(交ゆ・替ゆ・還ゆ・借ゆ)・来ふ】
C: 回る/回す。行き来する/させる。

『わかおほきみの あらたまの としかきふれは うへなうへな』ホ40

 
変態:「かふ(替ふ)」「かる(借る)」「くる(転る・来る)
派生語:「あきあ(秋天)

 
 

【(高ふ・貴ふ・決ふ・極ふ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟成する・優れる・勝る・至る」

変態:「かむ(醸む)」「かる(駆る)」「きむ(決む)」「きる(鑽る)」「こゆ(肥ゆ・越ゆ)」「こぬ(捏ぬ)
派生語:「きう(煙・灸)」「きわ(際)」「きわむ(極む)」「あきあ(秋天)
独り言:「きゅう(急・究・九)」

 
 

【消ゆ・(朽ふ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「落ちる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

『たみのてふちの よろこひに つかれもきゆる みめくみや』ホ4
『かみみつはめお まねくとき ほのほきゆれは むなさわき』ホ8
『みのちりひれは かはきえて たまふをしては ひかはかみ』ホ9
『ほしゐおされは すすかなり たからほしきは すゑきゆるホ13
『つこもりのあは かにきゆる つのこかとこれ』ホ21
『さかみおもれは つみきえて またひとなると をおきれは』ホ28
『われはうた うたふのみとて きえうせぬ むなさわきして たちかえりけり』ホ33
『ぬかれぬたちに ゐいりねは やみやみふちに きえうせぬ よにうたふうた』ホ34

 
変態:「かふ(黴ぶ)」「かる(枯る)」「きる(斬る)」「くゆ(悔ゆ・崩ゆ)」「くる(暮る)」「こゆ(臥ゆ・凍ゆ)
派生語:「しきゐ(敷居)
独り言:「きゅう(朽・窮・休)」

  

10/02/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】