いろのつすうた  イロノツスウタ  ironotusuuta

  

【(憂の伝す歌)・イロの十九歌】
憂慮を伝える十九歌。

いろのつすうた さとほし ゆきのよしも おほよすからも』ホ33

 
いろ(憂)」 の 「つすうた(十九歌・連歌)
「つす」には「つす(伝す)」の意が重なる。

  

15/01/31

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】