タマカエシ

→ 語義
  

霊還し。
乱れた霊の結を解き、迷える魂・魄天地の宮に返すこと。 別名:ココストの道。
ヰチヂ
がこの方法論を完成する。
この功により、ココトムスビ、またカスガドノという名を賜り、中国春日県の守となる。
アマテルの命により、ツハモノヌシフツヌシタケミカツチが、ササ山 (猿更る沢) で初めて実践している。
  

■ヰチヂ・タケミカツチ・フツヌシは、アマノコヤネの親と叔父である。
  

霊還しせば 人 成らん 先に罷るも を解きて 人に生まるぞ』8文
ココストの道 大御神 ツハモノヌシと フツヌシと タケミカツチに 霊還し 猿更る沢に 起る道かな』8文
ツハモノヌシが 霊還し 清き真の はな振りて 道に阿も無し シキ県 阿無し央尊 ヲシテ添え 据えて写し日 代治人ぞ』8文
ヰチチが熟らむ 霊還し ココストの根を 結ぶ文 ココトムスビの 名に据えて カスガ殿とぞ 尊ませ』8文
『万者転れど 霊 還し 乱れ結解けば となる 心地 明清』8文
『塵と集めて 余に迫り 羨むモノが 咬む故に 霊の結 乱れ みやなくて 末 守らぬを 霊還し なせば結解けて に入る』13文

霊還し なさば苦しむ 霊の結も 解けてムネカミ ミナモトへ 魂・魄 分けて となる』13文
カスガ殿 霊還し成す 奥法も コヤネに授く この故に 四方の纏も 自ずから 一人に着けり』16文
『故 カスガ 送りて後は 務め降り ミカサ社の 霊還し 国治まれば 枯れも無し』28文

サルタヒコ "我 常に乞ふ 霊還し オヰヱフタヱ 霊文あり 今 我一人 受けざる" と 散々にぞ悔やむ』28文
『四月二十二日 大臣カシマと タタネコと "霊還し" 宣り 纏らしむ 故に明るき』33文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】