おおさか  オオサカ  oosaka
おほさか  オホサカ  ohosaka

  

【(逢境)・大坂】<地名>
1.(2箇所を結ぶ)区画。中継地。境界。国境。

『うたすみさかも おおさかも かわせさかみお のこりなく』ホ33

 ●特に奈良と大阪を結ぶ場所。

『やましろと つまはおおさか みちわけて ともにおそふお みことのり』ホ34
『いさせりひこお おおさかえ むかひあたひめ うちやふり』ホ34
『ひるはひとてに よはかみの おおさかやまの いしはこひ』ホ34

2.合わせの区画。オオモノヌシ神モモソ姫の合葬区画。 =おいち(大市)

おほさかも つきのかおそえ いしむらお たこしにこさは こしかてんかも』ホ34

 
おお(合・和・逢)」+「さか(境・界)

  

10/01/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】