ミマゴ・スベマゴ・アメノミマゴ

みまこすへまこあめのみまこ
  

御孫。皇孫。陽陰の御孫。

  1. アマテルの血を引く子孫の内、皇となる者。
      
  2. アマテルの実の孫。 
    オシホミミ
    の御子のニニキネクシタマホノアカリをいう。
    ニニキネを、また特に「陽陰の御孫(あめのみまご)」という。

  

天地の 平けし時に 二尊の 経矛に治む 民 増して  アマテル神の 御鏡を 足して三種の 御宝を 授く御孫の』
『汝 モノヌシ クシヒコよ 国つ女取らば 疎からん ミホツ姫 妻として 八十万守を 司り 御孫を守り 奉れ』10文
『側にあり 陽陰御孫 御前に詣で 謹みて そのオノコロの 謂を乞ふ』18文
『ここに
御孫の 地道より 乗り 熟れ練りて 荒乗りも 日積み月経て ついに得て』19-2文
『また厳乗を 年重ね 技 得給えば 御言宣 "" のヲシテを 賜ひけり』19-2文
『よりて御孫と タチカラヲ ワニ船に乗り 上総の ツクモに着きて カトリ宮 神言 宣れば』20文
ニニキネと タチカラと行く ヒタカミの 君を拝みて 由を告げ 後に御孫と タチカラと イサワに帰り 返言す』20文
陽陰の御孫は 新治りの 門の高屋に ヤマサ神 纏るば民の 枯生締 ワカクシマドと トヨマドと 常に守りて 鳥を飼ふ』21文
『宮造り 葺き甍まで みな成りて 御孫ニニキネ ツクバより 移ります日は ヲコヌシの 二十五モノノベ 膳なす』21文
『上の御言宣 "情なき 社 拉げ" と 時 御孫  璽 捧げて 後を乞ふ 陽陰 はた悪しく 許されず』21文
の 神の火水の 瑞の根は ニハリの宮の 渡座に 陽陰の御孫の 御言宣』22文
成らざれば 棄てらるを ヲヲクヌ尊の 告げにより 陽陰の御孫の 御言宣』22文
クシヒコ 汝 御孫より ヲコヌシ尊の 賜ふ名も まだ足らず  二尊の 賜ふ逆矛 幸ひに その気を得れば 譲るなり』23文
『また皇孫に 御言宣 "汝ら政 怠らず ほつま成る時 ヤタ安ぶらん"』23文
『そもそもに 御孫ニニキネ ニハリ宮 ツクバに治む 年すでに 三鈴二千五十24文
『会・交 御饗をなせば 門出に 御機の留の 御文を 御孫に賜ひ 御鏡を コヤネに賜ひ 御剣を コモリに賜ひ』24文
『御手づから 御孫に 授けます』
24文
御孫喜び "国は 山は峰輿" その返えに 満ちみの桃を 賜われば "花見のは 稀なり" と 地苞になす』24文
チマタ守 覚めて "かくする 何故や" 曰く "御孫の 御幸先 かく居るは誰ぞ"』24文
御孫の 御幸なす ウカワ仮屋に 御饗して 合ひ待つナガタ サルタヒコ24文
御孫喜び 卯の木も また髪挿し行く サルタして 剛の磐座 押し放ち 逸のチワキの 歓弥栄』24文
シロコ 生れ日に 咲きて絶えねば 陽陰御孫 カモ船 早く 飛ばさせて』24文
陽陰御孫 また山巡り 峰に冷えて 腹痛む時 コモリ直の 身草 進めて これを治す』24文
『実心を 尽す御孫の ホツマ成るかな』24文
アマテル神の 御言宣 トカクシをして "我が孫 タガの古宮 造り替え 都遷せば 天に継ぎて 地の悉守ぞ"』27文
『故はアスカを 落ちた時 忠を忘れず この故に 御孫に召され 忠なせば ついに鏡の 臣となる』28文
御孫キヨヒト また受けて ワケイカツチの 天君と 太の磐座 押し開き 逸のチワキに 治まりて』29文
天君の 基は御孫の 雷を 別けて治むる 大御神 褒めて御孫は 天尊の 現る稜威と 賜ふ名は "別雷の 天君" と』30文
三種も分けて 陽陰御孫 カスガと コモリ 授けて代々に これを継ぐ』30文
『諸 議り 陽陰の御孫の を以て 民に拝ませ を上げ 御上后と』
32文
『その故は 陽陰の御孫の サクヤ姫 三つ子生むより 後 聞かず』
32文
『時 タケヒテル たまかわの 尊宝文  奉る これ陽陰御孫 ハラ央君 その子上代の 御法得て  今に永らえ』32文
陽陰の御孫の なり 飾りを民に 拝ませて 御上后と を上げ 十二のに  立つ』32文
ヤマト姫 錦袋と 剣 持ち 親王に曰く "陽陰御孫 染めし火水の 御祓 火水の障り 祓ふべし』39文
陽陰の御孫に を授け ヤマト治むる 御鏡は コヤネに授く 神の宗 の源 皇籠の尊ミ序
『屋造りの 法はアマテル 神の代に 陽陰の御孫の 御言宣 ヲコヌの尊の 頷きて ニハリの宮の '宮造り 法' を定むる』ミ8文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】