ミカマ・ミカマド

→ 語義
  

竈。  =カマ・カマド

1.正の方向に離すこと/もの/所。 加熱(設備)。煮炊き。台所。
2.転じて、人の生活(衣食住)に密着した物事。
  

陽陰の神 ヤマサを生みて 守り 穢神潰は 埴 清きて 祭る社造り 鬼霊退し』21文
の 神の火水の 瑞の根は ニハリの宮の 渡座に 陽陰の御孫の 御言宣』22文
『もしも火穢れ あらん時 カグツチの神 現れば たとえお猛の かくや あれ』22文
『新に火打の 改めて 清き愛宕と 繁み選り 竈 清く 守るべし』22文
『炊火も清く 水 清く   清く みな清く 火水の瑞の 宝斧 荒み無ければ 潔く』22文

  

  

ミカマドノカミ・ミカマノホギノカミ

→ ほき
  

竈の神。竈の祝ぎの神。
生活(衣食住)を高める神霊。 室十一神ヤマサ神
  

の 神の火水の 瑞の根は ニハリの宮の 渡座に 陽陰の御孫の 御言宣』22文
竈の祝ぎの その神は 天地開け 初む時に』22文
クニトコタチの 神孕み 老ふ日の御名の 東西央南北 五座の神の 生り出てて』22文

  

  

ミカマドノヱトモリカミ

→ 語義
  

竈の干支守神。 
ヱト(干支)を構成する「キ・ツ・ヲ・サ・ネ」+「ア・ミ・ヤ・シ・ナ・ウ」の11神。 
ウマシアシガイヒコチ神地の十一神室十一神五臓六腑日夜見神田畑神年稔り神、などとも言う。

トホカミヱヒタメの天元神がが天つ政(寿命など人智の及ばぬ事の治め)を担うに対して、この十一神はヤマサをして方位・暦・腹腑・命・御食などの地つ政 (人の日々の生活の治め) を担うので、「竈」と呼ばれる。
  

■今日では「竈のヱト守神」は「竈守」のオキツヒコと混合している。オキツヒコは「炊事」には関係していない。
  

『地つ纏りは 東西央南北 室十一神の 守らせき この故 日々の 竈の ヱト守神と 称えますなり』22文
『後 十一の君 キツヲサネ アミヤシナウも 天に帰り サコクシロにて 御言宣 皆 星となす』ミ6文
『この神は 腹腑・命 御食を守る ウマシアシカイヒコヂ神 故 天ミコト 地のミコトミ6文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】