クシマド・クシイワマド

→ 語義
  

奇磐間戸神。櫛石窓神。 
ワカクシマトとも。
カラフ門 の日の締を守る。対のトヨイワマド月の締を守る。
  

兵庫県篠山市篠山町福井、櫛石窓 (クシイワマド) 神社
  

★門守神社の祭神。 
★『古事記』此の神は御門(みかど) の神なり。俗に左大神(さだいじん)と呼ばれています。
★大きな神社へ行くと、参道の鳥居や神門をくぐった所の左右に、小さな祠がある。両社は正面を向いていたり、向かい合っていたりと様々だが、「対」の社だ。通常、「門神」「門守」と呼ばれ、悪神や鬼の侵入を防ぐ働き。神社の門番である。
  

『諸万民も 御領州に 群れ聞く時に クシマドは 日の締を守る イワマドは 月の締守る』14文
陽陰の御孫は 新治りの 門の高屋に ヤマサ神 纏るば 民の 枯生締 ワカクシマドと トヨマドと 常に守りて 鳥を飼ふ』21文
『門はクシトヨ イワマドの 守の "活き優き" 優き徹る』ミ8文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】