アマカミ・アマツカミ・アメノカミ

→ 語義
  

  1. 天尊。天つ尊。天の尊。
    アメトコタチの九星となった9人の尊。 天尊(あめみこと)。

    『ここにト祖の 天つ尊 十種宝を 授けます』20文
    天尊と代々 皇尊 ユキスキの宮 山海と ト尊霊は 埴スキの 嘗会に付けて 人草の 祝 祈るなり
    27文
    大御神 褒めて御孫は 天尊の 現る稜威と 賜ふ名は "別雷の 天君" と』30文
    『"これ天尊の オシテなり 朝夕眺め 鑑みて 民を治めよ" 装いを 民に拝ませ』32文
    八響の御幡 高御座 いと厳かに 天つ神 むべ下ります 御飾を 民に拝ませ 若宮の 初暦成る』38文
      
      
  2. 和尊。和つ尊。和の尊。
    和つ日月の君。
    皇。中央政府の総帥。 =和つ君
      


    和の尊治の 七代目を 継ぐ糸口は トコヨ尊 木の実 東に 植えて生む ハコクニの尊』2文
    『子を生む守は 生まぬ時 棄つる群星 範 乱る 往んし和尊 星となる これは範なす』13文
    和の尊 嗣無く 政 尽きんとす 故イサナギに 宣給ふは』23文
    『"豊葦原の 千五百秋 瑞穂の田 あり 汝 行き 領すべし" とて 経と矛と 授け賜る』23文
    『先に乞ふ時 の名も ツクシの央君 これここの 和つ尊なり お任せに』25文
    イナヰイ騒ちて "和の尊  海守や  如何にせん 陸に窘め また海"と 往る垂没の 海の神』29文
    シギヒコを 雉子に召せど は来ず  また遣る八尺の カラス鳴き "和尊の御子  汝 召す いさわ いさわぞ"』29文
    『あなにえや 得つは和つ結ふ 和き国 形 蜻蛉の 因めせる これ蜻蛉洲31文
    和尊は ヤマト心安 還根国 ヤマトヒタカミ ソコチタル 地上ホツマ オオナムチ 玉垣内方 ニギハヤヒ 空みつ大和31文
    和の尊より 二尊の 七代の幹も 経矛法ミ2文
    『常磐に守る 和尊の 汚穢の禊の 先駆は フツヌシ尊も 倣ふなりけり』ミ逸文
    フトマニは 往んし和尊 経と矛を 授け給えば 二尊も 地土 万の 道 生みて』フ序

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】