ダケノイワクラ・アメノイワクラ

→ 語義
  

剛の磐座 (剛の結括)。天の磐座(太の結括)。
甚だしい障害物。行く手をふさぐ岩石や土砂。
 

【天の磐座】アマノイワクラ −広辞苑より−
高天原の大殿で皇孫(すめみま)のいたという御座(みくら)〈神代紀下訓注〉

 
★『書紀』皇孫は天磐座を脱離ち、天八重雲を押し分けて、稜威の道別に道別て、天降る。
 

御孫喜び 卯の木も また髪挿し行く サルタして 剛の磐座 押し放ち 逸のチワキの 歓弥栄』24文
御孫キヨヒト また受けて ワケイカツチの 天君と 太の磐座 押し開き 逸のチワキに 治まりて』29文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】