みまこ  ミマコ  mimako

  

【御孫】
1.上位の孫。尊い孫。

『ををきみの みまこおいたき たてまつり てくるまにゑて みゆきなる』ミ逸

 ●アマテル直系の子孫の内、皇となる者。 =すめみまこ(皇御孫)・すめまこ(皇孫)

『たしてみくさの みたからお さつくみまこの とみたみも』ホ序
『やそよろかみお つかさとり みまこおまもり たてまつれ』
ホ10
すめみまことくさゑるあや』ホ20
あにみまこゑて ふとたまと かくやまはねの をみとなる』ホ24
『とかくしおして わかみまこ たかのふるみや つくりかえ』ホ27

全部見る 

2.特にニニキネ。=あめのみまこ(陽陰の御孫・和の御孫)

『なかのいわほに おわします そはにとみあり あめみまこホ18
『ときにみまこの もうさくは みをやのめくる ほおこほお』ホ18
『よりてみまこと たちからを わにふねにのり かんふさの』ホ20
『ねかわくは ひとなしたまえ ものぬしか もふせはみまこ みことのり』ホ21
『こたえいふ かみのみまこの みゆきなす うかわかりやに みあえして』ホ24

全部見る 

 
み(御・上・敬)」+「まこ(孫)

派生語:「すめみまこ(皇御)」「すめまこ(皇孫)」「あめみまこ(陽陰御孫)
関連語:「みこ(御子・皇子)

 
 

【孫】
分れ。派生。

『さたわいやます みこみまこ ももやそとめる ををなむちかな』ミ逸
『つはやむすひの みまこなる こことむすひの わかみこの』ミ逸

 
みまく(罷撒く)」の名詞化。
「みまく」は「みむ(放む・罷む)」と同義語「まく(撒く)」の合成。
ここでは「B: 離れる・分れる・派生する」などの意。

変態:「むまこ(孫)」「うまこ(孫)

  

09/12/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】