ミハタノトメノオンフミ・ミハタヲリトメ・ミハタノフミ

→ みはたのとめのおんふみみはたをりとめ みはたのふみ
  

御機の留の御文。御機織留。御機の文。
陽陰和る文」「橘の文」の別名。

オシホミミがアマテルから受けた三種の一つ『ヤサカニの環玉』は、それっきり三種宝としては登場せず、『ミハタノフミ』がそれに取って代わる。後に垂仁の頃、タニハミカソの飼い犬アシユキが食い殺した、狢の腹の中に『ヤサカニノタマ』が発見され、イソノカミに納められるが、同一の物かもしれない。つまり紛失していたのか。

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】