シラヤマヒメ・キクキリヒメ・ココリヒメ

→ しらやまひめきくきりひめここりひめ
  

白山姫。菊桐姫。菊理媛。
アワナギの子。イサナギクラキネと兄弟。コシアチハセの祖母。  
アマテルが初めて発した言葉を、この姫が聞き切ったことから『聞く切り姫』とも。 
アマテルの産湯を用意する。 
ヤソキネ
と結婚し、クラキネの後を受けて根の国を治める。 
トヨケ
(東王父) により交友関係を結ぶウケステメ(西王母) は、度々根の国のココリ姫の許を訪れている。
機織りの神としての側面を持ち、アマテル誕生の時には御衣を織って奉り、また鳥たすきの文様の機を織っては、ウケステメの土産としている。 
死後ヤソキネと共に白山神と称えられる。
  

石川県石川郡鶴来町三ノ宮町、白山比 (シラヤマヒメ) 神社

     

                                  ┏クラキネ
                                  ┃
クニトコタチクニサツチトヨクンヌウヒチツノクヰオモタル ┣ココリ姫
            ┃          ┃          ┃
            ┃          ┗アメヨロヅアワナギイサナギ
            ┃             ↑  ┃      ┃
            ┃             ┃  ┗サクナギ  ┣ヒルコ
            ┃             ┗━━━┓     ┃
            ┣ハコクニキノトコタチアメカガミ┛     ┣アマテル
            ┃           ┃           ┃
            ┃           ┗ムスビ(2)┓      ┣ツキヨミ
            ┗ウケモチ             ┃      ┃
                                       ┏━━━━━━━━━┛      ┣ソサノヲ
                    ┃                              ┃
                                       ┗ムスビ(3)━ムスビ(4)━トヨケイサナミ
                                   ┃
                                   ┣ヤソキネ
                                   ┃
                                   ┣カンサヒ
                                   ┃
                                   ┗ツハモノヌシ
クニトコタチは、ここではミナカヌシトホカミヱヒタメキツヲサネアミヤシナウの総称。

  
    

アメヨロヅアワナギイサナギ
          │
          ├クラキネ
          │
          └ココリ姫─??─アチハセ
            ┃
      トヨケ──ヤソキネ
   
  

【菊桐】きくきり −広辞苑より−
皇室の紋章で、菊の紋章と桐の紋章。
  

『出づる若日の 輝きて シラヤマ姫は 産湯 成す アカヒコ に 引く糸を ナツメが織りて 生絹の 御衣奉る』4文
叔母姫が コヱネの国に 御衣 織りて 奉る時 泣く御子の 声 聞き取れば "あな嬉し"』4文

『これより諸が 名を乞いて 叔母より問えば "ウヒルキ" と 自ら答ふ』4文

二尊 叔母を 称えます キクキリ姫も "あな畏かな"』4文

イサナミは アリマに納む 端と穂の 時に祭りて ココリ姫 族に告ぐる』5文
イサナギは 追ひ行き見まく ココリ姫 "君 これ な見そ" なお聞かず "悲しむ故に 来たる" とて』5文
大御神 諸と議りて ヤソキネを 国守と "イサナギの 産野叔父と 叔母なれば 政 絶えず" と 御言宣』7文

『以ちて民治す 叔父叔母 白山神ぞ イサナギは 纏れど弟の クラキネは 纏らず』7文
ココリ姫 語れる如は トコタチの 八方を恵りて 西の地 クロソノツミテ 
"" に当る15文
ウケステメ 根の国に来て タマキネに よく仕ふれば 実に応え ココリの妹と 結ばせて 和の道奥 授けます』15文
『"この輿は 誰が造れる" と 宣給えば ココリ姫曰く "が成す"』
24文
『妹ウケステメ アカガタに クロソノツミと 生む御子を 転日つ国の 君となす』24文
ワカムスビ 籠子をに 糸なせば ココリ姫 結て 衣ささぐ 籠結根の国ぞ』24文
モノヌシは 北より巡り に来て かの絵を進む』24文
ココリ姫 紋に織り和す 鳥たすき に捧げて また西の 母が土産と 世に遺る』24文
ココリ姫 御湯取り上げて』ミ逸文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】