ムラクモ(1)

→ 語義
  

叢雲。放雲。

1.沸き立つ雲。激しく起る雲。
2.勢い付く隈(汚穢)。はびこる隈(汚穢)。
3.放雲。放隈。 隈・汚穢を祓うこと。

「ムレクモ」とも言う。 叢雲はシナトの風に弱い。
  

叢雲 起こし 炎 吹き  飛礫 雷 地 搖すり 民を揺すりて 迫め寄する』8文
叢雲覆ひ 暗ませば シナトを招き 吹き払ふ 炎を吐きて 室 焼けば タツタ姫招き これを消す』8文
簸川の上の 八重谷は 常に叢雲 立ち昇り 背に茂る 松・榧の 中に八岐の 蛇 居て』9文
(『卑郷の守の 結谷は 常に叢雲 立ち昇り 背に茂る 曲・朽の 中に病曲の 愚霊居て』)9文
もしも叢雲 明を奪ひ 道に障りの あらん時 シナトベの神 現れば』22文
『道の明奪ふ 八重雲を シナトの風に 押し払ひ 夜も明け方と 知らすべし』22文
叢雲 蝕虫を 付くれば の 自らに 祓ひ "カセフの 祭" なす 故 よみがえり 瑞穂充つ よりて "果実の 祭" なす』31文

  

  

ムラクモ(2)

  
天村雲命。天牟良雲命。  
カンミ
の曾孫。ミチネの弟。アヒワケの祖父。 =アメフタヱ (天二上命)

オモイノカネの後任として日夜見になるが、テルヒコと共にアスカへ下る。 
その後タチカラヲが日夜見となるが、ニニキネに同行するため、再びムラクモが日夜見に就く。
ところがムラクモ(叢雲) という名では暦をつくるにも、陽陰(日月)を見る目が曇るというので、アメフタヱという名をアマテルより賜る。 
コヤネ
から祭の文 (天文) を与えられる。コヤネからイセの神教人を受け嗣ぐ。
この人物も大変な長寿で、コヤネを上回るかもしれない。
  

高知県室戸市吉良川町、五所 (ゴショ) 神社
徳島県阿波郡市場町犬墓字白水伊笠山上、伊笠 (イカサ) 神社
富山県高岡市二上、二上射水 (フタカミイミズ) 神社
  

★『旧事』度會神主(わたらいのかんぬし)等の先祖。 
熊野坐神社内の真名井社:天村雲命。高千穂に天真名井(アメノマナイ) があり、天孫降臨の際にこの地に水がなかったため、水の神・天村雲命(あめのむらくものみこと) が天上へ戻り、水種をここに移したと伝えられる。

  

           ┌─??────────────??─────┬アマノミチネ
トヨケヤソキネ───┼タカキネ───────┬オモイカネ   └ムラクモ
   ├カンサヒ   ├スクナヒコナ     ├フトタマ
   ├イサナミ   ├ミチコ(アマテル典侍) ├クシタマ
   └ツハモノヌシ └コタヱ(アマテル内侍) ├ヨロマロ
                       ├アヒミタマ
                       ├イクタマ
                       ├アヨミタマ
                       ├タクハタチチ姫(オシホミミ内宮)
                       └ミホツ姫(クシヒコ妻)
   
アメフタヱ─天波与命─アヒワケ─彦国見賀岐建興来命─彦田都久禰命─┐
                                  │
       ┌──────────────────────────┘
       │
       └彦建津命─彦久良為命─オオワカゴ─オトワカゴ
   
ムラクモは ミチネが弟 ウスメヒコ ミケモチの孫 カンタチは コモリの初子』20文
『昔 日夜見の オモイカネ  作りて ここにあり 後ムラクモに 譲り置く』24文
ムラクモ の 御供に アスカに侍る タチカラヲ 親の後とて ここにあり 巡幸りの御供  乞ふ故に』24文
ムラクモ召して 御言宣 "汝 ムラクモ  成す 明暗見 曇れば 賜ふ名は アメフタヱなり"』24文
フタヱ "これより 伺はて 代殿に受く 喜び" と 共に到れる 大内宮28文
祭の文を 三つ染めて 一つ持ち行き 日夜見なす フタヱに授け』28文
フタヱが曰く "カスガ殿 辞むミカサも 今 妹背の 仕ふる守の 埋ますべし" これ理と 国巡る』28文
『"幸鈴二十 伸び如何ん" "過に失せたり これも陽陰" 時にフタヱが "名は 如何がなさんや"』28文
『二十一穂の キナヱの春は アメフタヱ  "上鈴暦"と 名を代えて に彫りて 奉る』28文
カスガ尊 百五十六万 二十五なり フタヱに曰く "わが齢 極まる故に 神翁を 汝に授く"』28文
サルタヒコ "我 常に乞ふ 霊還し オヰヱフタヱ 霊文あり 今 我一人 受けざる" と 散々にぞ悔やむ』28文

  

  

ムラクモ(3)

  
天村雲命。 
アメヰダキ
  

香川県高松市一宮町、田村(タムラ)神社
徳島県吉野川市山川町村雲、天村雲(アメノムラクモ)神社
京都府城陽市水主宮馬場、水主(ミズシ)神社
  

★『旧事』天香具山の子。

  

  

ムラクモ(4)

  
ハハムラクモのツルギ

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】