むらくも  ムラクモ  murakumo

  

【(蒸隈)・叢雲】
1.沸き立つ雲。激しく起る雲。
2.勢い付く隈。栄える汚穢。

『かきやふり むらくもおこし ほのほふき つふていかつち』ホ8
『ときにはたれの いそらかみ のやまおかゑて むらくもや』ホ8
『ここさわゆくや ひめおとり むらくもたひや ほたるひの わらひあさけり』ホ8
『はるなははみち のもやまも かゑてむらくも ほのほふき』ホ8
むらくもおおひ くらませは しなとおまねき ふきはらふ』ホ8
『ひかわのかみの やゑたには つねにむらくも たちのほり』ホ9
『もしもむらくも かおうはひ みちにさわりの あらんとき』ホ22

 
むら(蒸)」+「くも(雲・隈)
「むら」は「むる(熟る・蒸る)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「むれくも(叢雲)
関連語:「むらむら」「めらめら」「もりもり」

 
 

【(放曇・放隈)】
曇り(隈・汚穢)を祓うこと。

『ははかをさきに つるきあり ははむらくもの なにしあふ』ホ9
『おきつかかみと へつかかみ むらくもつるき うなるたま』
ホ20
『むかしいつもの くにひらく むらくもつるき これなるそ』ホ39

 ● ムラクモ剣の略。

『このむらくもは あれませる みこのいわひに ささけよと』ホ27
『やまとたけ おはよりたまふ むらくもお ひめかやにおき いふきやま』ホ40

 
むら(放)」+「くも(雲・隈)
「むら」は「むる(放る・撒る)」の名詞化。「むる」は「まる(放る)」の変態。
ここでは「B: 離す・放つ・払う・除く」などの意。

類語:「をさき(穢放き)」「くさなき(草薙・腐退き)」「あおはかり(汚穢別かり)
派生語:「ははむらくも(蝕霊放隈)

 
 

【天村雲命】<人名>

『あけたまは たまつこのこそ むらくもは みちねかおとと』ホ20
『のちむらくもに ゆつりおく むらくもあめの をんともに あすかにはへる』ホ24
『みかりのをとも こふゆえに むらくもめして みことのり』ホ24
『なんちむらくも こよみなす かかみくもれは たまふなは あめふたゑなり』ホ24

 
別名:「あめふたゑ」「わたらひ(度会)

  

09/12/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】