マツリノアヤ・マツリノフミ

→ 語義
  

祭の文(纏の文)。  
陽陰(日月・神霊)を纏る文。
アマテルが世を去った後、アメノコヤネが書いたもの。 =ヒフミ
霊還し」をはじめ、陽陰(日月・神霊)の纏について書かれているらしい。
三つコピーがあり、フタヱヲヰエサルタヒコに授けられた。
  

祭の文を 三つ染めて 一つ持ち行き 日夜見なす フタヱに授け』28文
『我 常に請う 霊還し オヰヱとフタヱ 日文あり 今 我ひとり 受けざる』28文
ミカサ社に アマノコヤネの 説く文は 経に緯織る 纏り事 四方人草を 治むなり』ミ1文
『これ住み寄しの いかすりを ヲコヌの尊の 説く法と 祭の文に 申して申す』ミ8文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】