イカスリ・ヰカスリ

→ 語義
  

坐摩・座摩 (往か擦り)。
オコロ
(モグラ) が土を掻き擦ること。これによって土地が回帰・改善される。
また皇宮をイカスリと言う (回帰する所・拠点・中心の意)
さらに一般的に物事を回帰・改善させることを「いかする」と言う。
  

大阪府大阪市中央区久太郎町、坐摩 (イカスリ) 神社
  

イクシマと タルシマ四方の 御垣 守り イカスリ内の 鬼遣らひ カカンノンテン 揃ふ時』14文
『腹・背・頭 足に従ふ 礎に 敷き座す床を いかすれと オコロの守と 名を賜ふ 弥々いかすりて 主屋守るかな』21文
『新宮の 敷き座す地を いかすりて 一奮 なせよ』22文
『この真黄磨は 地引なす 鉛磨黒磨 栄地なす 赤磨 打杭 白磨は 四方の連垣 黄赤磨は 惰る地を奮きて いかすれば』ミ8文
ヲコヌの尊の ホツマ法 敷き座す君を いかすれば たとい東北魔に 障なすも』ミ8文
穢方より '傾ふ 方' 違ひ あらかねの埴を 篤く錬れば 守の恵みに 適ふ成る』ミ8文
『これ住み寄しの いかすりを ヲコヌの尊の 説く法と 祭の文に 申して申す』ミ8文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】