ハヒキ

→ 語義
  

地引。
土地をの穢を祓って直くすること。

ヒキノリ
ヰカスリ
  

【地引・地曳】ヂビキ −広辞苑より−
家屋などの建築で、地鎮祭の後に施行する儀式。吉日を選び、建築敷地の中央に祭壇を設け、工匠の長が祭主となって祝詞を奏する。地曳祭。

【引く・曳く・牽く】ヒク −広辞苑より−
・平らにならす。
日葡「ヂ(地)ヲヒク」
  

★地曳の儀(じびきのぎ) 施工者が地に鋤(スキ)を入れる。
★一般には、土地の四隅に青竹を立てその間を注連縄で囲って祭場となし、斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で執り行う。祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等のお供え物を供える。また、関西などの特定の地方によっては伊勢神宮近隣の浜から砂または塩を取り寄せ、四隅に置く場合もある。祭壇の左右に、緑・黄・赤・白・青の五色絹の幟に榊をつけた「真榊」を立てる場合もある。この五色絹は五行説における天地万物を組成している5つの要素、つまり木・火・土・金・水を表している。
  

『まず引き法は 地を平らし 赤白黄の木綿を 中に立て 真白の木綿を 東北に立て』ミ8文
『赤白の木綿を 西南に立て 青白の木綿を 東南に立て 黄白の木綿を 西北に立て』ミ8文
年稔りタマメ ヤマサ守 オコロの守も 地に纏り 年月日々の 守はこれ』ミ8文

『この真黄磨は 地引なす 鉛磨黒磨 栄地なす 赤磨 打杭 白磨は 四方の連垣 黄赤磨は 惰る地を奮きて いかすれば』ミ8文
『この屋造りの ホツマ法 打杭連垣 地引して 栄地 奮肥の 柱立て』ミ8文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】