カグヤマヲキミ

→ 語義
  

香久山央君。
テルヒコ
は「橘山」を模した「香久山」を造る。 
同時に宮の名も「アスカ宮」から「カグヤマ宮」に改める。 
また「アスカ央君」は「カグヤマ央君」とも言われるようになる。  ヲキミ

  1. テルヒコ (クシタマホノアカリ)
      
    カグヤマ央君 これ聴かず "女の政 何処ある はこの田 子は生えず 妻にならぬ" と 交ふ去りて』24文

      
      
  2. クニテル (ニギハヤヒ)。 
      
    カグヤマ央君 母(アメミチ姫)と召し 子(タクラマロ)は召せど来ず』27文
    フトタマの 孫ミカシヤを 妻として ウマシマチ生む ナガスネは 重の臣なり』
    27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】