タクラマロ

→ 語義
  

(卓座麻呂)。
タカクラシタの幼名。
アメミチ姫
の兄・タクリ(カゴヤマ)の子。タキコの孫に当たる。
代嗣の無いテルヒコはアメミチ姫を娶るが、やはり子ができなかったので、アメミチ姫の兄 (タクリ) の子のタクラマロを養子とする。しかし后のハセ姫に憎まれ、アメミチ姫共々捨てられる。その後、クニテルによって召されるが、タクラマロは応じなかった。
    

愛知県名古屋市熱田区白鳥、青衾 (アオブスマ) 神社
  

棚倉孫(タナクラヒコ)神社の祭神は天香古山命。天香古山命は高倉下とも言われる。また手栗彦とも言われる。手栗彦が棚倉孫に転じたと言われている。 
籠神社の古伝に曰く、「天香語山命」は亦名 手栗彦命 亦名 高志神。彦火明彦命が天上にて生む神也。母天道姫命 亦名 祖母命也。
★『旧事』天香語山命。別名を手栗彦、高倉下という。天降った後、紀伊国熊野邑に住む。

  

     ┌カグツミカグヤマツミ
     │       ┃
     │  ハヤコ  ┃──────┬カゴヤマ(タクリ)───┐
     │   ┃──タキコ     │           │(養子)
     │ アマテル         └アメミチ姫      ↓
     │   ┃──オシホミミ──┐   ┃───────タクラマロ
サクラウチ┴──ホノコ        ├┬クシタマホノアカリ  (タカクラシタ)
                   ││     ┃  ┃
       タカキネタクハタチチ姫┘└ニニキネ ┃  ┃
                          ┃  ┃
               スガタ──────スガタ姫 ┃
                             ┃
               トヨマド────────ハツセ姫
   
  

『先に御子無く カグヤマが アメミチ姫を ゑゑなして 兄タクリが子 タクラマロ 猶子となせど』27文
ハセ姫は 臣憎みて (アメミチ姫タクラマロを) 棄てさしむ また怒り ハセを棄つ』27文
カグヤマ央君 母(アメミチ姫)と召し 子(タクラマロ)は召せど来ず』27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】