ハツセヒメ・ハセヒメ

→ 語義
  

初瀬姫。 
トヨマドの娘。 
アスカ君 (クシタマホノアカリ)
の二番目の后。 

クシタマホノアカリは諫言したスガタ姫を追い出し、トヨマドの娘のハツセ姫を妻とする。 
やはり子ができなかった上、アメミチ姫タクラマロを追い出したので、アスカ君に追い出される。 
クシタマホノアカリの死後、アスカ宮を嗣いだクニテル(ニギハヤヒ)は、アメミチ姫を母として召す。 
タクラマロは召しても来なかった。

  

     ┌カグツミカグヤマツミ
     │       ┃
     │  ハヤコ  ┃──────┬カゴヤマ(タクリ)───┐
     │   ┃──タキコ     │           │(養子)
     │ アマテル         └アメミチ姫      ↓
     │   ┃──オシホミミ──┐   ┃───────タクラマロ
サクラウチ┴──ホノコ        ├┬クシタマホノアカリ  (タカクラシタ)
                   ││     ┃  ┃
       タカキネタクハタチチ姫┘└ニニキネ ┃  ┃
                          ┃  ┃
               スガタ──────スガタ姫 ┃
                             ┃
               トヨマド────────ハツセ姫
  
  

カグヤマ央君 これ聴かず "女の政 何処ある はこの田 子は生えず 妻にならぬ" と』24文
交ふ去りて トヨマドが姫の 
ハツセ姫 妻と召さるる』24文
ハセ姫は 臣憎みて (アメミチ姫タクラマロを) 棄てさしむ また怒り ハセを棄つ』27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】