けふ  ケフ  kefu
けゆ  ケユ  keyu

  

【(交ふ・食ふ)】
A: 合う/合わす。交じる/交ぜる。関る。結ぶ。縛る。

変態:「かふ(交ふ・支う)」「くふ(食う・構ふ)」「こふ(乞う・恋う)
派生語:「けふ(経緯)」
けゐ(契・係・気比)」「かけひ(懸樋)

 
 

【(離ふ・蹴ふ)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「かる(刈る)」「きゆ(消ゆ)」「くふ(蹴ふ)」「ける(蹴る)」「こゆ(蹴ゆ)
派生語:「けあく(蹴上ぐ)」「こけふ(御形)」「さけふ(叫ぶ)

 
 

【(回ふ・通ゆ・替ふ・還ふ)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。還る/還す。改まる/改める。

変態:「かふ(回ふ)」「くる(転る・繰る)」「かる(借る)
派生語:
「けふ(今日)」「かけひ(懸樋)

 
 

【(煙ふ・上ふ・超ふ・明ふ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」

変態:「かる(上る・駆る)」「きる(鑽る)」「くゆ(越ゆ)」「こゆ(肥ゆ)
派生語:「けふ(煙)」「たけふ(猛ぶ)」「けわし(険し)」「さけふ(叫ぶ)

  
 

【(交・契・係)】【(経緯・陽陰)】
交わり。結び。関わり。関係。契り。束縛。拘束。

『ふたゑけふ みあえおなせは かといてに みはたのとめの をんふみお』ホ24
『なんちはこのた こはおえす つまにならぬと けふさりて』ホ24

 ● 経緯(陽陰)の交わり。

けふのほそぬの おりもつて よそやそなわる みはらおひ』ホ16
『あめよりさつく けふのおひ あめにのとりて ちちのたけ』ホ16
『みかつちも よろこひけふの ぬのおらん いわくはふたゑ あらざるか』ホ16

 
「けふ(交ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・関わる・縛る」などの意。

変態:「けゐ(交・契・係・気比)
独り言:「けい(契・係)」「けいい(経緯)」

  
 

【今日】
回り来るさま。改まるさま。新たなさま。

『きなふよろとし きみいわひ けふまたかわる みやうつし』ホ20

 
「けふ(回ふ)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・改まる・新たになる」などの意。

類語:「ゑか(回日)

  
 

【興】
(心に)湧き起こるもの。

「けふ」は「けふ(離ふ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる/離す・放つ・湧く・起る」などの意。

類語:「き(気)

  

09/11/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】