ヤフサコシ・ヤフサミクルマ・ミユキコシ

やふさこしやふさみくるまみゆきこし
  

八房輿。八房御車。御幸輿。
タカミクラが乗り物になったようなものか。 =斎鳥の出車・斎出車

アマテルの乗り物。  
ニニキネ
も八房御車に乗って八島を巡っている。 
テルヒコ
も八房の斎出車に乗ってアスカに下る。
  

『御幸の君は 八房輿 御乳つ母 侍る 方輿も 皆 ケタツボの ヤマテ宮4文
『君 イフキドに 執めしむ イフキトヌシは 御幸輿8文
『供のクスヒが 訝さを 陽陰に申さく "父帝 八房輦の 御幸なす も穢れの あるやらん"』15文
御子八房の 斎出車 二十五の侍人を 五伴の 守るミヤツコ』20文
『先駆は タチカラヲなり 次カツテ オオモノヌシと 三種櫃 八房御車 次コヤネ 駕籠・馬 八十の モノノベら』24文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】