やふさこし  ヤフサコシ  yafusakosi

  

【八房輿】
八角の輿。 

『めすてくるまお ひたかみゑ みゆきのきみは やふさこしホ4

 
やふさ(八房・八節)」+「こし(輿)
八角形の「たかみくら(高御座)」をそのまま輿に仕立てたようなものと思われる。

別名:「てくるま(輦)」「いてくるま(斎輦)」「みてくるま(御輦)」「みゆきこし(御幸輿)」「みこし(御輿)」「いとりのてくるま(斎鳥の輦)」「やふさみくるま(八房御輦)」「やふさのいてくるま(八房の斎輦)」「たし(山車)」「いたしくるま(出し車)」

 

10/03/22

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】