こち  コチ  koti

  

【言・詞】
表すもの。放つもの。言葉。

『もろゆるさねは かたのかみ ななたひちかふ のりこちに』ホ8

 
こつ(交つ/離つ)」の名詞化で、「こと(言)」の変態。
ここでは「A: 合わす・現す・表す」、裏を返して「B: 離す・離す・放つ」などの意。

変態:「こと(言)
独り言:「こ(語)」

 
 

【(如ち)】【(勝ち)】【(方・様)】
1.合っているさま。 似ているさま。 匹敵するさま。
2.〜の方向に離れる・傾くさま。 〜の如。

「こち」は「こつ(交つ/離つ)」の名詞形。
「こつ」は「かつ(交つ/離つ)」の変態で、「合う・合わす」「離れる・離す・逸れる・逸らす・曲がる・曲げる」などの意。

変態:「こと(如)」「かち(勝ち・〜がち)」「かた(方)」

 
 

【東風】
東からの風。春の風。

『まうらふとまに あきにとる こちにひもとけ つみのかる』ホ20
こちふきかわり にしけむり あたにおふえは くさおなく』ホ39
『あきにとは こちにひもとけ つみのかる つくみこころの はるそきにける』フあきに

 
「こちかせ(東風)」の略。
「こち」は「こつ(上つ・肥つ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。これは「日の出・陽の出・春」、また「日の出の方向・東」を意味する。

類語:「あい(東風)」「あゆ(東風)」

 
 

【此方】
この所。こっち。

おちこちも うるはふくにの きみありて あれもみたれす あめのみち』ホ29

 
こつ(交つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・交わる/交える」などの意。
また「こ(交)」+「ち(方・手・処)

変態:「こっち(此方)」

 
 

【九千】
9000。

『みねにふるゆき いけみつの すえこちさとの たとなりて』ホ24

 ●六ハタレの司の総員数。

『おのかへら なんますこちに わさつけて そらつかまんと みちひねり』ホ17

 
こ(九)」+「ち(千)

同義語:「ここち(九千)

  

12/01/28

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】