アメミカゲ(1)

→ 語義
  

天御陰命。
アマツヒコネ
の御子。 
テルヒコ
と共にアスカへ下る。

  

イサナギアマテル──────┐
               ├アマツヒコネアメミカゲ
カナサキアキコ[西局の典侍]─┘
   

京都府舞鶴市字森、彌伽宜 (ミカゲ) 神社
香川県善通寺市大麻町上ノ村山、大麻 (オオサ) 神社
  

★他文献では天目一箇神と同神とも兄弟とも言われる。
  

アメミカゲ タタキネの御子 ミヤツヒコ カナサキの三子 ヨテヒコは コモリの四つ子』20文

  

  

アメミカゲ(2)

→ 語義
  

天御影命。 
ホノススミ
(白髭神)の孫。 ウツヒコの子か? 
孝霊天皇
アワ海の絵を奉る。

  

アマテルオシホミミニニキネ┐
               ├ホノススミ┐
  カグツミマウラアシツ姫┘     ├┬ウツヒコ
                     ││
 オホナムチクシヒココモリスセリ姫─┘└─??──アメミカゲ
 

滋賀県野洲郡野洲町三上、御上 (ミカミ) 神社
京都府舞鶴市字森、彌伽宜 (ミカゲ) 神社
  

★御上神社の祭神で、野洲郡を領した安国造の氏神。娘の息長水依比売が、第9代開化天皇の御子・日子坐王の3人目の妻となった。日子坐王は崇神天皇の時代、四道将軍の一人として丹波国に派遣された。
  

諏訪ハフリ ハラ山の絵を 奉る 君これを褒む 同じ時 シラヒゲの孫 アメミカゲ アワ海の絵を 奉る』32文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】