うかかふ  ウカカフ  ukakafu
うかかゆ  ウカカユ  ukakayu

  

【窺う】【伺う】
1.「いかにあるか」に意識を合わす。

『あるまうかかふ おゑものお はらふはうたの こゑあまる』ホ1
『きみゑみほそく うかかえは いはとおなくる たちからを』ホ7
『かそいろの よさしのくにお すておけは あゑうかかふホ7
『たましまのひま うかかひて こつほにいりて はらみこお』ホ16
『みやうかかひて わかちそと いいつつたつお そてひかえ まちちといえは』ホ25

全部見る 

2.「いかがですか」と、交わる/問う/訪う。

『ひたりの かなさきも こたゑおしらて うかかゑは』ホ8
『たかのこふ つほわかみやの あつきひの ゑらみうかかふ
ホ13
『たかまにのほり もろともに これうかかえは みことのり』ホ16
うかかゑは いせのをんかみ きこしめし ゆるせはしかの かえことす』ホ20
『ふたゑこれより うかかはて こふとのにうく よろこひと』ホ28
『あめにうかかふ このよしも おかみよろこふ みことのり』ミ逸

 
うか(如何)」+「かふ(和ふ・交ふ)」の連結。
「うか」は「いか(如何)」の変態。
「かふ」はここでは「A: 合わす・交わる・近づく・迫る・問う・訪う」などの意。

  

11/01/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】