かかなふ  カカナフ  kakanfu

  

【抱なふ・考なふ】【(明暗和ふ)】
1.合わす。(心に) 合わす。考える。比べる。比較考慮する。

かかなえて わけいかつちの あまきみと なつけたまわる よのはしめ』ホ序
『ふとたまかいふ かかなえて きみのおほすお ととめんや』ホ20
かかなえて よにはここのよ ひにはとおかお』ホ39
『よろはのあちお かかなえて こころみよめと よましめて』フ序

2.明と暗を合せ見る。陽陰を合せ見る。昼と夜を合せる。

かかなえて よにはここのよ ひにはとおかお』ホ39
『よろはのあちお かかなえて こころみよめと よましめて』フ序

 
[1]
かか(交く)」+「なふ(和ふ)」の合成。
どちらもここでは「A: 合わす・比べる」の意。
[2]
かか(明暗)」+
なふ(和ふ)

類語:「かんがふ(考ふ)」「かがふ(考ふ)」「かんがみる(鑑みる)

  

10/02/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】