ひうち  ヒウチ  hiuti

  

【火打・燧】
1.火を点けること。

『たとへおたきの かくやあれ さらにひうちの あらためて』ホ22

2.火打石。またそれが出す火花。

『めにほあり ひすりひうちは つきのひそ をにみつありて』ホ13

 
ひ(火)」+「うち(打ち)」
「うち」は「うつ(打つ・現つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・当てる・現す」などの意。

変態:「ひすり(火擦り)「ひきり(火鑽り・火切り・燧)」

  

09/10/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】