きりひ  キリヒ  kirihi

  

【切り火・鑽り火】
火を点けること。点火。出火。(穢れを清めるモノザネ)

『しりてきりひの むかひひに ひみつのはらひ みたひのる』ホ39
『よにますことく みやすひめ きりひのかゐお もるひらへ』ホ40
『すおえては きりひにさむる ひえあれと なかれのふねに さおそゑにける』フすえて

 
きり(切り・鑽り)」+「ひ(火)
「きり」はここでは「放出・発射」の意。

【清火】きよび  −広辞苑より−
火打石でうち出した火。不浄のきよめに用いる。きりび。
【切り火・鑽り火】きりび  −広辞苑より−
・旅行の出立の時などに、清めのために打ちかける火。

類語:「ひきり(火鑽り・火切り・燧)」「ひうち(火打)」「ひすり(火擦り)

  

10/02/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】