みはしら  ミハシラ  mihasira

  

【御柱・(実柱・真柱・心柱)】
中軸。中核。本体。肝心部分。精髄。御本尊。

『ほそのをとなる みはしらの ほとよくおもり めくりかけ』ホ14
『ひのみたま まつこもりくの みはしらに むかひたにゐて めをまねき』ホ16
『そらなるものは ちちきけと みのみはしらお ゆきぬけて』ミ1
『まとかのなかの みはしらは かのかみかたち』ミ7

 ●中柱。(中に在って四方を治める君を象徴する)

『あめのきと みはしらのみち たてまつる』ホ3
みはしらお よつきみくらに みてむすひ あめのみをやお まねきこふ』ホ14
『かかみはみやの みはしらに かみおまねくの やたかかみ』ホ17
『くたりてともに とつきして みはしらまわり あわうたお』ホ18
しわかみの みはしらのまま なることく まつりほつまに ととのひて』ホ24

 ●背骨。ちりけ(身柱・天柱)
 ●御霊代・御神体として用いる柱。 みたけはしら(御丈柱)。  

『としめくるひは もにひとひ そのみはしらに まつるへし』ホ26
『しらかしの  たちおはらみの みはしらと いのるひみつの きよはらひ』ホ39
『おおかふとのは かむりみは みはしらもちて とみやたり』ホ40
みはしらは うちみやのとみ みこしまえ みこはみおすえ』ホ40
『あまかみまねく みはしらき にこころうつす うつわもの』ミ10

 ●中心にあって天と地(陽と陰)を結ぶもの。天地届く実柱。 =なかくし(中串)

『あわうひの めくれるなかの みはしらに さけてめをなる』ホ14
あめつちととく みはしらお めくりわかるる あわうひの』ミ6

 
み(実・真・中)」+「はしら(柱)
「み」はここでは「中心」の意。
おそらく「中串 (天地届く真柱)」の地上側の口が「君の宮の御柱」なのだと思われる。

類語:「なかはしら(中柱)」「しらほね(精髄)おのころ

 
 

【(己柱)・身柱】
自分の柱。我が身が造る隆起。

『よよのかまとを まもらしむへし ちかひには みはしらたてよ』ホ22

 
み(己・身)」+
はしら(柱)

  

10/07/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】