みけ  ミケ  mike

  

【(活)・食】
正の方向に離すもの。活力・成長の素。食。

『うまれひは かしみけそなえ たちまひや』ホ1
『ひとくさの みけもこかひも みちなして わいためさたむ いさおしや』ホ2
『わかつねのみけ ちよみくさ よのにかなより ももにかし』ホ15
『にあくるみけの ひもろけお ささくるすえも きよらかに』ホ22
『ゆめにたいきて われうおの よしなきために くちささく われはみけにと』ホ25

全部見る 

 
みく(熟く)」の名詞化。 
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・敬う・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」の意。 

変態:「うけ(食)」「うか(食)」「みけ(御食)」「いけ(活)
類語:「け(食)」「かて(糧)」「みけつ(御食つ)」「おち(御乳)」「みち(満・御乳)」「かしは(膳)」「みあえ(御饗・祝・斎)

 
 

【供/御供・神供・神饌】
お供え物。 「神に心を添える・神と交わる」 ことを形にした物実

『くにとこたちの あめまつる みけはこのみか』ホ15
『そろのほつみの みけもまた うすつきしらけ』ホ15
『そとかはま いとうやすかた かみのみけ はむうとうあり』ホ28
『なんちいま ひみのほのほお たつへしそ わかみけはみて したにおれ』
ホ28
『たねこくしたま まてにあり みけなへまつり もふすをみホ30

全部見る 

 
みく(見く)」の名詞化。 
ここでは「A: 合わす・結ぶ・交わる・添える・供える」などの意。  

変態:「みこ(巫女)

 
 

【(甕・厳・斎・至・活・怒・明)】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『みことのり たいはうおきみ みけのもの しるしはうろこ』ホ25

 
みく(熟く)」の名詞化。 
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:みか(甕・厳・斎・至・逸・怒・明)」「みき(酒)」「いか(厳・怒・毬)」「あか(明・赤)」「ひか(光)」「まか(摩訶)」
関連語:「みかき(磨き)」「めかし(粧し)」

 
 

【御気・御興】
貴人に対する気持・関心・興味。

『ひにむかつひめ のたまふは なんちらゑとか みけひえて』ホ7

 
み(御・上・敬)」+「け(気・興)
「け」は「けふ(交ふ/離ふ)」の名詞化。
ここでは「A: (心に)合わす」「B:(心に) 湧く・発す・起る」などの意。

関連語:「けふさめ(興醒め)」

  
 

【(木/神木)】
1.起きるもの。立つもの。高いもの。木。

『あふみよか つくしちのちの たかたみや おほみけたおれ』ホ38
『ゆうひかけ あそやまおおふ かみのみけ くにもみけとそ なつけます』ホ38

2.神霊の宿る木。神木。 =かみのみけ(神の木)

『あさしもの みけのさおはし まへつきみ いやわたらすも みけのさおはしホ38

 
[1]
みく(熟く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。
[2]
み(神)」+「け(木)

変態:「もく(木)」
類語:「き(木)」「はな(放)

  
 

【(神木)・三池】<地名>
神の大木が立つ地。

『ゆうひかけ あそやまおおふ かみのみけ くにもみけとそ なつけます』ホ38

 
「みけ(神木)」から。

  

10/02/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】