おち  オチ  oti

  

【御乳】
正の方向に離すもの。 活力・成長の素。糧。乳。

おちつもはへる けたこしも みなけたつほの やまてみや』ホ4
おちなくて ふれたつぬれは これのさき かもたけすみと いそよりと』
ホ27

 
おつ(熟つ・生つ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・勢い付ける・栄す・成長発展させる・至らす」などの意。

類語:「みち(御乳)」「みけ(食)」「ちち(乳)」「かて(糧)」「みけつ(御食つ)」「いゐ(飯)
派生語:「おちつも(御乳つ母)

 
 

【遠・遠方・彼方】
離れた所。

『ともなれはこそ おちにとふ われおなきみに あやまつは』ホ10
おちこちも うるはふくにの きみありて あれもみたれす あめのみち』ホ29

 
おつ(離つ・放つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・隔たる」などの意。
また「お(離・遠)」+「ち(方・処)

変態:「あち(彼方)
類語:「ひさかた(久方)」「とかも(遠離方)」「へねめ(隔辺)
へなみ(隔辺)」「ひなへ(鄙辺)」「へんひ(辺鄙)

 
 

【落ち・怖ぢ】
1.負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」さま
2.(心が)負の方向に離れるさま。 気後れするさま。気が引けるさま。

『ひめははち おちいりいわす みほつひめ みゆきおくりて ここにあり』ホ26
ほそちちのわに ぬけつくる みなのはらひそ』ミ7

 
おつ(落つ・怖づ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」などの意。

類語:「おそれ(恐れ・畏れ)

  

09/12/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】