やま  ヤマ  yama

  

【(和・治)】
A: 合う/合わすさま。やわし。和合。調和。秩序。治め。政治。

『あしひきはやま ほのほのは あけぬはたまは よるのたね』ホ5
『ここりのいもと むすはせて やまのみちのく さつけます』ホ15

 
やむ(和む)」の名詞化。

変態:「やわ(和)」「あわ(合)」「ゆひ(結)」「なめ(嘗)」「なえ(嘗)
類語:「みやひ」「まつり(政・纏)」「やまと(和)

 
 

【(熟・上・栄・大・央)】
D: 正の方向に離れる/離すさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある」さま

『あめのかたちは いわをやま ひつきもくにも はらこもり とはやゑにきて』ホ14
『たちからを やもにほらしむ うみのなも きはやまなかと きねはあす』ホ24
『このあきみつほ ちからなす かれやまはとの みはとなす』ホ24
『へのやまは きさきみさほの さわまちて まつもおえれは あいもののやまフへやま

 
やむ(熟む)」の名詞化。

変態:「あま(熟・甘)」「うま(美・甘・旨)」「むへ(宜・諾)」「うえ(上/宜・諾)」「ゑ(熟・上・愛・笑・恵・吉)
類語:「みやま」「まつり(祭)

  
 

【山】
成長発展したさま。高く大きいさま。高み。

『まこほのあかり かくやまの あすかのみやに をわします』ホ序
『あわなきは ねのしらやまと ちたるまて のりもとほれは』ホ2
『ささなみと なおたまふより なもささけ そのかみいまに ささけやまホ2
『かれにはらみお おおひやま とよけかかゑて わかひとと いみなおささく』ホ3
『このふたはしら うむとのは あまのはらみと つくはやまホ3

全部見る 

 
やむ(熟む)」の名詞化で、「熟・上・栄・大」と全く同じ。

類語:「いわ(岩)」「いわを(巌)」「みやま(雅)」「みね(峰)」「ね(峰)」「ほ(穂・秀)」「を(秀・穂・尾)」「たけ(岳)」「いわひ(祝・斎)」「のやま(野山)
反対語:「さわ(沢)
派生語:「のやま(野山)」「やましろ(山背)」「なかやま(中山)」「ひさみるやま(日栄見る山)

  
 

【疚・(病・闇・止・穢・忌・倦・罷・飢・粗・倦・弱)】
E: 負の方向に離れるさま。「落ちる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」さま

『あしひきはやま ほのほのは あけぬはたまは よるのたね』ホ5
『ちぬのやまきて ゐつせかる きのかまやまに おくらしむ』ホ29
へのやまは きさきみさほの さわまちて まつもおえれは あいもののやま』フへやま

 
やむ(病む・止む・罷む)」の名詞化。

変態:「やみ(闇・病)」「よみ(黄泉)」「うみ(倦み・膿)」「やれ(破れ)」「あら(粗)」「やば(やばい)」「よわ(弱)
派生語:「やまし(疚し)」

  

09/12/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】