やみ  ヤミ  yami

  

【闇・病み】
1.反り。曲り。ねじけ。
2.負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

『あひわかみやに ととまりて やみおたします たかのかみ』ホ6
『やすかわの やみにおとろく おもいかね たひまつにはせ』ホ7
『よこしまか たておもちけて とこやみの なんたやわして ややしつむ』ホ17
あとやみて かなつきふかに ははまかる つつきかはゐの つきのかみ』ホ36
『へのちりは つきほもとみも たみわさも つまのうつくに やみやちるらん』フへきに
『すのおれは けかれおとかむ みのやみも ほつまにあくる にけやおそれん』フすおれ

 
やむ(病む)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・反る・曲る」、また「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「やめ(病・闇)」「やま(疚)」「やれ(破れ)」「いみ(忌)」「よみ(黄泉)」「よる(夜)」「よわ(弱)
類語:「かれ(枯れ)

 
 

【(和)】
和合。調和。収まり。和らぎ。平穏。

やみやのたまも はなかよみ ゆきみんとてそ さそひくる』ホ34
『ぬかれぬたちに ゐいりねは やみやみふちに きえうせぬ よにうたふうた』ホ34

 
「やむ(和む)
」の名詞化。
ここでは「A: 合う・和らぐ・収まる」などの意。

変態:「やわ(和)あめ(和)」「みや(和)

  

10/01/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】