いわ  イワ  iwa
いは  
イハ  iha

  

【(結・和)・家】【(忌・去)】【(場・間)】
結い。結わえ。結束。まとまり。統。締め。塞ぎ。 分け。限り。区切り。境界。

『たまのいわとお ひらけとて いちゐのはなの さくもちて いまこそひらく あまのとや』ホ4
『よもつの ひらさかは いきたゆるまの かきりいわ これちかえしの かみなりと』
ホ5
いわむろに いりてとさせは あめかした かかもあやなし』ホ7
くしまとは ひのしまおもる いわまとは つきのしまもる』
ホ14
『よしのをのゑの ゐひかりも いわわけかみも いてむかふ』
ホ29

全部見る 

 ●区分。区画。側。場。

『たのそろに のりてみのれは みそろいけ ままありいけの にしいわや』ホ24

 
いふ(結ふ・居ふ/去ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・囲む・締める」、裏を返して「B: 離す・分ける・区切る」などの意。

【家】いは −広辞苑より−
(上代東国方言) いえ。 万二○「―なる妹は」

変態:「ゐゑ(家)にゐ(和)」「にふ(和)」「なえ(嘗)にわ(庭)
ゆひ(結)
ゐひ(去・忌)」「ゐの(往・去)」「よし(避)
派生語:「かきりいわ(限り結)」「いわと(岩戸)」「いわむろ(岩室)

 
 

【(上・大・敬・熟・斎・祝)・岩・巌・磐】
1.正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま。
  ●成長発展したもの。達したもの。大きいもの。岩。山。

『かかんなす はるのひとしく めくりきて いそのまさこは いわとなる』ホ序
『またはたれ ひすみひたかみ かくやまと ふたいわうらに つくつけの』ホ8
『ひととなる まふつのかかみ みるために ふたみのいわと なつけます』ホ8
『ちひきいわ ささけてたれか わかくにお しのひしのひに おとさんや』ホ10

全部見る 

2.正の方向に離すさま。「上げる・敬う・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至らす」

『なれとちからと はやふねに ゆきていわふね すすむへし』ホ20
いわくすの ふねおもふけて まらかおち あまつははらお ふなおさに』ホ20

 
いふ(斎ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「いや(弥・敬)」「みや(敬)やま(山)」「おお(大)
派生語:「ふたみのいわ(二見の岩・人見の岩)」「ちひきいわ(千引岩)」

 
 

【(穢・卑・忌・厭・穢汚)】
E: 負の方向に離れるさま。「低まる・端にある・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」さま

『かけろふのひの こえくにの たけいわたつは くつおあけ』ホ25

  ●汚穢。穢気。

『みとせいつくに たらされと いわくすふねに のせすつる』ホ3
『そさのをは いわおけちらし なおいかる きみおそれまし』ホ7
いわおけあけて ののしれは ふつぬしをこせ なけいるる』ホ8
『あしなかくもの おおちから いわきおふりて よせつけす』ホ29

 
いふ(卑ふ・忌ふ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」などの意。

変態:「おゑ(汚穢)」「いま(忌)」「あお(穢汚)」「をわい(汚穢)」「お(穢)」「ゑ(穢)」「め(穢)」「(穢)」
類語:「いわき(汚穢気・穢気)」「ようき(妖気)」「いやけ(嫌気)」「ゑけ(穢気)」
派生語:「いわくす(汚穢屈す)」「いわなか(
磐長)

  

10/06/09

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】