いわくす  イワクス  iwakusu

  

【(汚穢屈す)】
汚穢をくじく。

『みとせいつくに たらされと いわくすふねに のせすつる』ホ3

 
いわ(汚穢)」+「くす(屈す)

同義語:「くもくし(雲屈し)

 
  

【(斎奇)】
D: 正の方向に離すさま。「上げる・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至らす」さま

いわくすの ふねおもふけて まらかおち あまつははらお ふなおさに』ホ20

 
いわ(斎・祝)」+「くす(奇・貴)」の連結。
「いわ」は「いふ(斎ふ)」の名詞化。「くす」は「くす(奇す・貴す)」の名詞化。
両語ともここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」などの意。

  

12/02/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】