いさきよし  イサキヨシ  isakiyosi

  

【(濯清し・諫清し)・潔し】
(穢が)祓われ直る如し。

『まかりなおさん かんなおひ おおなおひかみ うみてみお いさきよくして』ホ5
『みつはめのかみ あらはれは ゐてのしみつお いさきよくホ22
いさきよかれと かんほきに ほきのりなせる かなきゆひ』ホ22
『ひみつのみつの たからおの すさみなけれは いさきよくホ22
いさきよく たかゐにえませ たまいつつ わかひにむかゐ おわします』ミ逸

 
いさ(諫/濯)」+「きよ(清)」+「し(形容詞語尾)

「いさ」と「きよ」を一つに合せて形容詞化した語。
「いさ」は「いす(濯す/結す)」の名詞化。
ここでは「B: 離す・放つ・払う」、裏を返して「A: 合う・調う・直る」などの意。
「きよ」は「きゆ(和ゆ・交ゆ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・調う・直る」などの意。

  

11/06/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】