きよし  キヨシ  kiyosi
きやし  キヤシ  kiyasi

  

【清し】
直ぐなる如し。反り曲りのなき如し。

『つきのをえ なかれととまり みかののち みのきよけれは ひまちすと』ホ4
『ねにいたるのち こおうまん めならはけかれ をはきよく これちかひなり』ホ7
『つはものぬしか たまかえし きよきまことの はなふりて みちにあもなし』ホ8
『みもすその たみおなてつつ さをしかの きよきにかみは ありとこたえき』ホ28
はしきよし わきへのかたゆ くもいたち くもはやまとの くにのまほ』ホ38

全部見る 

 
きよ(清)きや(清)」+「し(形容詞語尾)
「きよ/きや」は「きゆ(和ゆ・交ゆ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・収まる・調う・直る」
などの意。

類語:「すかし(清し)」「なおし(直し)ゐやすし(癒やすし)

  

09/10/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】