なおし  ナオシ  naosi

  

【直し】
(それ・曲り・負の状態を)収めること。直ぐにすること。修正。

『ゐすすひめ うたのなおしお こはしむる わかみやふたお』ホ31

 
なおす(直す)」の名詞化。

変態:「やわし(和し)」「あわせ(合せ)

 
 

【直し】
(逸れ・曲がり・偏りが)無き如し。収(治)まる如し。調和する如し。直ぐなる如し。

なおからされは ひとならす よにありなから そのわさに』ホ13
『おさなこに あらこをしゑて つちかえは なおきをさとそ なるこころ』ホ17
『にふきこは そのあらかせに ふきうたれ いたみしのへは なおからす』ホ17
『わにひこか みをやくしひこ いさめいる なおきにたまふ やまとかみ』ホ30
『みよわのなおき いさおしに なおりものぬし かみたまふ』ホ30
『わかひこか なおきかかみの ことつけは なおりなかとみ かみたまふ』ホ30
『きみうまれつき たたなおく こころほつまに おこりなく』ホ35

 
なお(直)」+「し(形容詞語尾)
「なお」は「なふ(和ふ)」の名詞化。

類語:「きよし(清し)」「ゐやすし(癒やすし)

  

09/12/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】