かせ  カセ  kase

  

【(離せ/活せ)・風】
1.(汚穢・雲を) 吹き払うもの。
2.ふう(風)。区分。方向。傾向。風土。
3.正の方向に離すこと/もの。 高め。勢い付け。栄し。煽り。活性。加勢。

つちかせの ちまたにしゐの くるしみか けものとなるそ かみうたす』ホ13
『をのうつほ かせうむかせも ほおうみて をはみつとなり めはふたつ』ホ14
『うつほかせほと みつはにの ゐつましわりて ひととなる』ホ14
『くさきのむしの みつのこゑ かせにこゑあり うつほはね はにむしもこれ』ホ15
『あいうえお うつほかせほと みつはにの ましわりなれる みなかぬし』ホ18

全部見る 

 
かす(離す/活す)」の名詞化。
ここでは「B: 離す・分ける・放つ・払う」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」などの意。

変態:「かた(方・傾)」「かち(舵)
類語:「いなさ(往なさ)
のかせ(退かせ・野風)」「しな(級長)」「し(風)

 
 

【(和・交・形)・風】
凝縮。固化。物質化。現象。具現。

『このみちお まなふところは かんかせの いせのくになり』ホ13

 
かす(和す・交す)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・在る・現る・凝る」などの意。

変態:「かつ(形)」「かた(形)
派生語:「かんかせ(神風)

  

10/02/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】