をてれせゑつる  ヲテレセヱツル  wotereseweturu

  

【央照れせ熟つる】
君が照らして高める。

をてれせゑつる たたことの うたにみちひき うむくにの またくとほれは』ミ10

 
を(央)」+「てれせ(照れせ)」+「ゑつる(熟つる)」
「を」はここでは「中にあって四方を治める君」の意。
「照れせ」は「てれす(照れす)」の連用形。「照らす」と同じと見ていいと思う。
「ゑつる」は「ゑつ(熟つ)」の連体形。

  

13/10/30

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】