まつりこと  マツリコト  maturikoto

  

【(政事・纏り事)・政】
纏ること。政ること。治めること。

『ふつぬしと みかつちつねに はんへりて まつりこともれ』ホ11
『そのきみの よろのみはたの まつりこと をさむやすみの たみはやた』ホ17
まつりこと たみのいもせは をさひとは ゐやくむをさは ひとてゆひ』ホ23
『むめひとは はらにととまり まつりこと こやねあつかり』ホ25
まつりこと こやねものぬし ともにたせ みやうちのたは みほひめと』ホ26
『おおやまと ひたかみやすの まつりこと きこせはたみも おたやかに』ホ28
まつりこと なおりなかとみ ものぬしの をやこのとみに まかすへし』ホ31
『わかれつとむる わかみやの まつりこととる とみはあらたそ』ホ31
『みやにいて まつりこときく とみわけて うきあなのかみ みあえなす』ホ31
『みこもはおさむ よそやのち わかみやにいて まつりことホ31
『みこのもはいり いきませる ことくみあえし よそやすき まつりこときき』ホ32
『みこのもはいり よそやのち まつりこときき とみととめ いますのみあえ』ホ32
『きみとうちとみ もはにいり とのとみやはり まつりことホ34
『ついにほつまの まつりこと あめにとほれは ことことく』ホ39
『みかさやに あまのこやねの とくふみは たてにぬきおる まつりことミ1
『てるきつさねの なかにいて きみのをさむる まつりことミ1
『しらするくにの まつりこと みこわかひとに さつけます』フ序
『へのそのは たまにうるほす まつりこと かてたるそのは ゆくもやすらか』フへその
『ものなわの のりはむかしの まつりこと ちなみもわさも ともにみちひく』フもなわ
『をのねせは めのまつりこと おきふしも わかぬまよひの をはねせにけり』フをねせ

 
「まつり」+「こと(如・事)
「まつり」はここでは「まつる(纏る・政る)」の連用形。
「こと」はここでは「〜の如きもの」の意。

類語:「まつり(政・纏り)」「はた(機)」「みはた(御機)
派生語:「よろのみはたのまつりこと(万の御機の政事)

  

09/08/06

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】