よね  ヨネ  yone

  

【米】
正の方向に離すもの。 生かし。活かし。活力・成長の素。糧。

よねとみつ かまにかしくは ひかしらや』ホ1
『くににむかえは つきおけの くちよりよねの いゐかしく』ホ15
『かみのりかゐは くろまめと うむきとすめと ななのよね かゐにかしきて』ホ38
『としこえは うむきとすめと よねむます としのりやまさ おにやらゐ』ホ38
『もちのあさ むわたまつりは よねとすめ かみありかゆそ』ホ38

 
よぬ(熟ぬ)」の名詞化。
「よぬ」は「よる(熟る・弥る)」「いぬ(熟ぬ・斎ぬ)」などの変態。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」などの意。

変態:「いね(稲)」「いゐ(飯)うる(潤)
類語:「こめ(米)」「うけ(食)」「みけ(食)」「かて(糧)

  

10/02/02

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】