ひれ  ヒレ  hire

  

【(平/放・張/翻)・領巾・鰭】
1.(穢を) 放つもの・祓うもの。
2.<1の物実>平たく広がるさま。ひらひら翻るもの。

『みかたひれきて かくいれて うちこほさせは』ホ8
『はたれもひれし まはすはゐ みておとろけは かんかゑて』ホ8
『ほらかゐふかせ まひれけし かくむさほらせ これおうつ』ホ8
『たまふわかひめ むつにひく かたふきかなて めかはひれホ9
おろちひれ ははちしむひれ このはひれ このとくさなり』ホ20
『われきくつまの あたひめか かくやまはにお ひれにいれ』ホ34

 
ひる(放る/平る/翻る)」の名詞化。
ここでは「B: 離す・放つ・張る・払う」、また「A: 合う/合わす・平る」、また「C: 往き来する・翻る」などの意。

変態:「ひら(平)」「なれ(平れ)」「はり(張り)

 
 

【卑れ・(卑在)】
(人に比べて)劣る存在。

『たつきみいかん たつはひれ みつしるゆえに うろこきみ』ホ26

 
ひる(卑る)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。
また「ひ(卑)」+「れ(在)

類語:「おに(鬼)」「ゑの(狗)」「いぬ(狗・犬)」「おの(劣)」「ゐの(猪)」「おろ(愚)」「けもの(獣)」「しし(獣)

  

10/07/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】