なかはしら  ナカハシラ  nakahasira

  

【中柱】
中軸。 =みはしら
 ●(四隅の柱の)真中に立つ柱。心柱。

なかすみはしら みなみむき きたひかしにし めくりたつ』ホ21
『あしはらに おのころおゑて ここにおり やひろのとのと なかはしらホ23
『かたちはくにの なかはしら まてにととなふ ともとかみ』ミ9
『おのころしまの なかはしら めくるをかみの くちひるお』ミ10

『すのゐさは きりそめのきお なかはしら かみはかしきの ゆうにゐさめて』フすゐさ

 ●中心にあって四方を治める君。皇。

『とのかみゐます そのうらか なかはしらたつ くにのみちホ23
『いのよろの たねはよわきも なかはしら もろもつくみも いよろなるへし』フいよろ

 ●中軸となる場所。四方を治める君の都。タカマ

『をうみあつみの なかはしら ひかしはやまと ひたかみも』ホ2
『ふたかみの くになかはしら おきのつほ』ホ24
『あまてるかみの ひたかみの かたたけみやの なかはしら けたつほのふみ』ホ24
『ゐつかみの はらみはつほは よもやもの なかはしらなり』ホ24

 
なか(中)」+「はしら(柱)

おそらく「天地つなぐ中柱」の地上側の口が「君の宮の中柱」だと思われる。
みや(宮・都)」は「中心・源」という意味だが、
その宮の「中柱の根」は「中心の中心の中心」「源の源の源」である。
 

類語:「みはしら(実柱)」「だいこくばしら(大黒柱)」「あめつちととくみはしら(天地届く真柱)」

  

09/10/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】