かむり  カムリ  kamuri
かんむり  カンムリ  kanmuri

  

【被り・冠】
1.表を覆うもの。被るもの。
2.上に合わすもの。頭に付けるもの。

『ひさかたの あめかしたしる わかきみの よよにつたはる かんむりは』ホ序
『このひなかたの をはかむり うおそてはかま めはこそて うはかつきなり』ホ2
『そのよそい あやにしききて たまかさり かむりはひくつ はらののり』ホ27
『つねにきく さをしかやたの わかかむり はとみも』ホ28
『うえにある われはかんむり ひとくさは みみちかきをそ』ホ28
『かみのをしてと さをしかの かむりとはもは ここちりそ』ホ28
かんむりと さくとみはもと ととまりて むなしきからの しらいとり』ホ40
『おおかふとのは かむりみは みはしらもちて とみやたり』ホ40

 
かむる(被る・冠る)」の名詞化。

変態:「かふり(被り/冠・頭)」「かふら(鏑・蕪・根茎)」「こうふり(冠)」

  

09/12/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】