ゐもつきあまのまさかき  ヰモツキアマノマサカキ  wimotukiamanomasakaki
ゐもつきのまさかき  ヰモツキノマサカキ  wimotukinomasakaki

  

【五百継天の真榊】
500本(3000万年)
の植継ぎが可能な真榊。
中央政府の君が国家の公式の暦として用いる。

『あめなるみちの そなわりて たくひなるより としかそえ ゐもつきあまの まさかきや』ホ2
ゐもつきの まさかきもうゑ よようけて』ホ4
『うえつきゐもの のちのはつ ゐもつきあまの まさかきお きみのみわさと』ホ18
『みもはかり よろとしみちて ゐもつきの あめのまさかきホ28

 
ゐも(五百)」+「つき(継ぎ)」+「あま(和・天)」 の 「まさかき(真榊)
「あま」はここでは「和つ君・中央政府・御上」などの意。

  

10/06/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】